情報サイトの利用

平成21年度版六法全書

交通事故に遭った場合に支払われる賠償金には、税金が課せられない事が原則になります。
なぜなら賠償金は肉体や精神の治療のために支払われるからです。
しかしながら全てのケースが非課税とは限りません。
長期的に入院する事態になって、給与の獲得機会を損失する事があります。
それも通常は非課税と判断されますが、まれに必要経費という特殊な所得が含まれる事があり、場合によっては必要経費が課税対象になります。
よって交通事故と無関係と考えられがちな税金が、損害賠償金に影響を及ぼす可能性があるのです。
その結果によっては損害賠償金の額が大きくても、税金を支払って激減するケースがあります。
課税によって見込みがずれる事を防ぐためにも、税理士の専門サービスを活用すべきです。

しかしながら前述した損害賠償金に税金が含まれるケースは、そうそう出くわす事態ではありません。
損害賠償金の支払いは基本的に無課税という認識で間違いないのです。
それでも税金が損害賠償金に関わり、今後の生活に影響を及ぼす可能性はあります。
だから税金へのスペシャリストである税理士資格を併せ持った、弁護士が人気を集めています。
弁護士は交通事故において必要になり、税理士の資格もあればレアケースにも対処可能です。
弁護士は税金のトラブル対応をする事もあるので、税理士の資格を持たなくても知識が必要とされます。
しかし解決に導くために必要な部分しか理解していない場合も多いので、税理士の資格試験を踏破した弁護士の方が確実です。

交通事故の問題や法律に関することは弁護士に聞く