対応力について

スマホを操作する女性の手

交通事故に巻き込まれて被害者となった場合、被害者は加害者に治療費等の賠償金を請求することができます。
賠償額を決定する場合は、通常は加害者側と話し合いによって決められますが、相手が保険に加入している場合は加害者本人ではなく、保険会社の担当員が代理となって話し合いを行います。
被害者の方も車などを運転中の場合は保険を利用できますが、停止中や歩いているときなどに事故に巻き込まれた場合は、保険は利用できないので自分で話し合いをしなくてはなりません。
しかし、専門的知識がないと相手が提示してきた賠償額が妥当かどうかの判断は難しいものです。
そのような場合は、弁護士に依頼をすると法的根拠に基づいて正当な賠償額を請求することができるようになります。

交通事故などによる示談交渉は、賠償額や支払い方法を双方で決めて、それ以上の請求はしないと約束するために行われるものです。
そのため、事故でけがをして治療中の場合などに示談をしてしまうと、その後の治療費等を支払ってもらえなくなるので注意が必要です。
特にけがの程度によっては後遺症が残ることもあり、後々の人生に大きく影響する可能性もあります。
途中で示談をしてしまうと賠償額では到底足りないという事態が起きてしまう可能性もあります。
そのため治療中の場合は、治療が終了してから示談を成立させることが望ましいとされています。
しかし、交通事故に対しての損害賠償請求には時効もありますので、弁護士に依頼するとそれらのことを踏まえて有利に交渉を行ってくれます。

交通事故の問題や法律に関することは弁護士に聞く